大量創作、大量消費

ぼく、創作のなんなのさ

卵をめぐる祖父の戦争 / デイヴィッド・ベニオフ

f:id:rabbitof16bit:20160227180010j:plain

どうもお久しぶりです。

記事を更新しない間も、多少は本を読んではいたのですが、中々感想をまとめて書こう、という気になる作品に巡り会いませんでした……(主に積みラノベを消化していたからではないだろうか…?)

 

『卵をめぐる祖父の戦争(原題City of Thieves)』

いやあ…良かった。後読感が凄く良い。今まで読んできた本の中で一番と言っていい後読感。本気で「終わらないでくれ!」と思いながらページを進めたのは初めてだ…

読み終わった後はため息しか出ないし、好きなシーンを何度も読み返してしまった。

ラストにうちひしがれてしばらく頭が回らず、一日経ってやっと感想が書ける状態になったほど(笑)

 

ネタバレはしないよう注意しましたが、用心して具体的な感想は続きから。

続きを読む